コインパーキング運営の専門用語です。パーキングロットは土地の有効活用をサポートいたします。

パーキング用語集

コインパーキング運営に関する専門用語を、分かりやすくご説明いたします。

一括借り上げシステム

オーナーの土地を一括で借り上げ、その土地を運用・管理するシステム。運用を第三者に任せることで、オーナーはコストも手間もかけずに一定の収入を得ることができます。

借り上げ賃料

一括借り上げの契約時に土地のオーナーと運用者との間で決めた賃料のこと。借り上げ賃料に関しては基本的に一定となります。

遊休地

活用されることなく、放置されている状態の土地のこと。活用していなくても固定資産税などは発生するため、通常は活用する方が望ましいといえます。

エリアニーズ

地域ごとに異なる住民たちのニーズ(要望・趣向)。エリアニーズの正確な把握は、ビジネスにおいて必要不可欠な要素です。

フラップ方式パーキング

各駐車スペースに設置されたフラップ板を用いて、駐車状況を管理するタイプのパーキングのこと。駐車スペースに車が停止すると、自動的にフラップ板が上がり、精算しない限り、出庫できないシステムです。

ゲート方式パーキング

出入り口にゲートと精算機を設置し、駐車状況を管理するタイプのパーキングのこと。フラップ方式に見られる「フラップ板を破壊して、違法に出庫する」などの被害は防げますが、設置するにはフラップ方式よりも広いスペースが必要になります。

地上権

他人の土地において工作物または竹木を所有する目的で、その土地を使用する権利。土地賃借権と合わせて、借地権と呼ばれます。

賃借権

賃貸借契約に基づいて、賃借人が目的物を使用収益できる権利のこと。賃借権には賃料や地代が必ずかかり、賃料などを設定しない無償の場合は「使用貸借」となります。

営業権

企業が有するノウハウや立地などのほかに代替できない無形の価値のことを指し、営業権とは会社法が施行されるまでの名称(現在はのれん代)。税法など法律で定められた権利ではありませんが、無形固定資産という分類に属します。

一時使用賃貸借

通常の賃貸借契約と異なり、営業権、借地権、賃借権などはすべて土地オーナーに帰属したままで賃貸借する契約のことを指します。一時使用賃貸借契約であれば、契約期間が終了した後、借主が居座るといった事はございません。

To Top